鳩の糞害|害鳥の代表格となる鳩対策をすぐ実行|徹底的に追い出す業

害鳥の代表格となる鳩対策をすぐ実行|徹底的に追い出す業

鳩の糞害

作業員

鳩は迷惑な鳥という認識

昔は平和の象徴と呼ばれていた鳩も、多く増えてその糞害などに悩まされる人が多くなってきたら、迷惑な存在と考える人が増えてきました。 鳩はばい菌を持っている、鳩は糞がきたないと嫌う人も多いのです。迷惑な鳥だという認識が強くなってきています。今後は鳩を駆除する依頼ももっと増えることでしょう。 鳩駆除は自分で対策をすることもできますが、鳩はとてもしつこい動物なので、ちょっとやそっとの対策では効き目がないということもよくあります。 一度住みついてしまうと同じところに何度もくるという性質を持っている鳩を完全にこないようにするというには、プロの手をかりることが一番の近道です。 自分で対策する場合も、忌避剤だけでなく、他のグッズも併用すると良いでしょう。

駆除をするときの注意

鳩は駆除しようと思っても殺すわけにはいけません。動物愛護に関する法律というのがあって、鳩は捕まえてはならないというふうに決まっています。対策は、寄せ付けない対策ということになるでしょう。いろいろな駆除方法があります。 大きなマンション、総合施設など、大がかりになればなるほど金額は大きくなります。 忌避剤やワイヤー、剣山などがその対策グッズとして良く知られています。 しかし、なかなかしつこい鳥なので、剣山などにも器用に止まって、中には巣まで作ってしまうものもいるようです。 野生の動物は生きていくためにありとあらゆる行動をとるものなので予測不可能なことも多くあるのです。今できる方法をいろいろとためしてみるという方法しかありません。